シェアオフィス内での香り

Last Updated on 2021年9月20日 by caorimaison

昨年より出社人数を制限するため、賃料の高い地域ではオフィス面積を縮小する代わりにシェアオフィスを活用する流れがあります。
下記の図表の通り、コロナ前からシェアオフィスの件数が年々増えています。

運営事業者が増えると、競合との差別化の為に香り(AirQ)を採り入れる事例が顕著になってきました。

香りに対するニーズとしては、不特定多数の方が利用されるので、「清潔さ」や「居心地の良さ」が挙げられています。「リバイブモーニング」、「サンシャイン」、「スパーユーカリ」といったさっぱりした香りが人気です。

Follow me!