ビルゲイツの財団、悪臭問題に取り組む



途上国では、5歳未満の800,000人の子供が不衛生な環境のため、下痢や肺炎など亡くなっている。

1年間に数百万もの新しいトイレが毎年新設されているが、悪臭のためトイレを使用せず、
結局外で用を足すをため、衛生環境が改善されないところが多数ある。

トイレの悪臭問題を解決するため、
ビルゲイツ夫妻が運営する基金と香料会社のフィルメニッヒが
鼻にある悪臭を捉えるレセプターをブロックするフレグランスを開発した。

人の鼻には350もの匂い捉えるレセプターがあり、その中の一部が不快な臭いに反応する。
フィルメニッヒの研究者は悪臭を捉える一部のレセプターが感知しないよう、
ブロックするフレグランスを開発した。

開発チームはインドとアフリカでスプレーやパウダーなど、効率的に運用していく
手段と方法を試験している。

引用元: Dailymail