年に3回以上ホテルを利用する20−40代の男女、116名から14名を無作為に選出し、

会場調査を行いました。(参加者の約9割は毎月1回以上ホテルを利用。)

(協力:楽天リサーチ / 実施日:2014年8月31日)

まとめ

無臭よりもほんのり良い香りがする空間を提供するほうが、リピーターになる確率が高い。

 ホテルの客室での香りに対し、90%の方が好印象だと回答し、

 また、全体の50%の方が客室での香りを気に入れば、次回もリピートしたいと回答。

 残りの50%はややリピートしたいと回答。

 

客室で香りを提供する場合、お客様自身で香りの調節ができるほう良い。

 88%の方が自分で香りの調整ができるほうが良いと回答。

【 調査概要 】

 ・調査の方法 14名を対象に会場調査

 ・調査実施日   2014年 8月30日(土)

 ・協力    楽天リサーチ

【 被験者属性 】

会社概要

プライバシーポリシー

Copyright © CAORI MAISON All Rights Reserved.