マンションでの導入事例(アメリカ)


テキサス州ヒューストンに本社を構えるキャムデンリビングは、
アメリカ南部を中心に162拠点でマンションを所有、運営している。

アトランタにある、キャムデンのマンションにProlitec社のディフューザーが採用された。
一部屋につき3匹までペットを飼育してもいい物件のため、
ペットの臭いやゴミシューターからの臭い対策として、
空調から廊下やゴミ集積室で香らせている。

キャムデンのグレッグ・ライス氏によると、
入居者からは「廊下を綺麗に清掃してくれてありがとう」といった感謝の声を
聞くことがあるが、清掃の回数は同じでも香りがするだけで、
入居者の99%からは好意的な反応があるという。

引用:prolitec.com

ポップコーンの匂いがする新聞広告

News Corp Australiaはグループ傘下の6紙にポップコーンの匂いをインクに混ぜ、
ポップコーンの匂いがする新聞広告を打ち出した。

350万部の新聞に3137kgのインク、ポップコーンの香料を200kg使用した。

今週、同社がDream Worksと組んで15本の映画コレクションDVDを発売するにあたり、
プロモーションとして今回の企画を行った。

マーケティング担当者によると、ポップコーンの香りで家族と映画を鑑賞したときの
楽しい思い出を喚起してもらい、今回のDVDを家族と見て欲しいと話している。

引用:The Advertiser

トラッシュルームの消臭について

米国、Prolitec(プロリテック)本社のニュースによると、
メキシコ湾に面するミシシッピ州のコンドミニアムのトラッシュルームにAirQが採用されたようです。

ガルフポートコンドミニアムの敷地内のエントランスにトラッシュルーム(ゴミ集積室)があり、
風でコンドミニアムのエレベータやロビーまでゴミの臭いが漂ってくるそうです。

導入前はスタッフが1日に2時間もかけて建物内のゴミシューターを消臭スプレーで
消臭をしていました。

AirQを導入後はトラッシュルーム及びシューターの悪臭問題が解決されたようです。

今回の事例のように悪臭問題の解決にもAirQ及び消臭力の強いGenieがお勧めです。

A&F(アバクロ)、店内の香りを変更

Abercrombie&Fitch(A&F)がブランドイメージ転換の一策として、店内の香りを
「Fierce」からホワイトベルガモットをイメージした「ELLWOOD」に変更すると発表した。

他にも、暗くした店内や上半身裸のモデルの男性なども廃止し、ブランドイメージの転換を図る。

7/14の「ELLWOOD」の発売に合わせ、ユニセックス系の香りで「RYDER」、「HEMPSTEAD」
の3種類の香水を新しく発売する。

「Fierece」は男性の上半身をモチーフにしたデザインだが、
今回の3商品は、商品ロゴをメインにしたシンプルなデザインだ。

引用 : Refinery 29

シンガポールの路線バス、シグニチャーセントを導入


シンガポールの路線バス会社のタワートランジットは地元の香りマーケティングを手掛ける
ALL Sence社に依頼をし、昨年の7月に18台のバスで3か月間トライアルしたところ、
高評価を得ることができ、今月より1か月間100台のバスで導入を決定した。

暑さを和らげるようなローズとペパーミントの香りを採用。
公共の空間のため、香りの強さは控えめに設定しているが、心地よい空間を提供し、バス通勤する人を増やしたいそうだ。

引用:City Lab

NFLのスタジアムで香りの演出

stadium

先週からレギュラーシーズンが始まったNFLだが、
主にエントランス周辺の空調ダクトから香りを漂わせているスタジアムがある。

ロスのRamsでは綿あめの香り、ニューヨークのBrookryn Netsではシトラス系のオリジナルの香りなど、
スタジアムに対するポジティブな印象付けのツールとして導入しているそうだ。

投資に対する売上増加の貢献度の測定が難しいが、
売店での売上が伸びたスタジアムもあるそうだ。

引用元: Dmagazine.com

ジュエリー業界の展示会で香りの演出

jck

ラスベガスで5/31-6/6に行われたジュエリー業界の展示会、
「JCK」でAir Esscentials社が香りの演出を行った。
Air Essentials社はマイアミを拠点とする自社製の業務用ディフューザーを扱う企業である。

今回、JCKのスポンサーとなり、展示会専用にミント、カモミール、ベルガモットをミックスした
オリジナルフレグランスを提供した。