「Aera」、「Alexa」で制御可能に

Prolitec社より米国で昨年発売された家庭向けフレグランスディフューザー、「Aera」は
amazonの音声認識デバイス「Alexa」を介し、制御できるようになった。

これまでは、スマホの専用アプリからの制御であったが、Aera用のアプリを有効にすると、
音声で電源のON, OFFや香りレベルの変更、設定レベルの確認が可能になる。

引用: Business Wire

塵芥車用の芳香装置


生ごみから発する臭いをフルーティーな香りに変える収集車用の芳香装置、「デオマジック(R)」を来月発売。

ゴミ収集に携わる方々の労働環境の改善目的で
新明和工業株式会社、シキボウ株式会社、山本香料株式会社、凸版印刷株式会社が共同開発した。

塵芥車庫内に装置を取り付け、濃縮液を水で希釈したものを散布する仕組みだ。

生ごみは気温や内容によって臭気が異なるため、収集現場で臭いを採取し、
試作検証を繰り返した結果、アンケートで91%が良い香りに変化したと回答した。

引用:PR TIMES

シンガポールの路線バス、シグニチャーセントを導入


シンガポールの路線バス会社のタワートランジットは地元の香りマーケティングを手掛ける
ALL Sence社に依頼をし、昨年の7月に18台のバスで3か月間トライアルしたところ、
高評価を得ることができ、今月より1か月間100台のバスで導入を決定した。

暑さを和らげるようなローズとペパーミントの香りを採用。
公共の空間のため、香りの強さは控えめに設定しているが、心地よい空間を提供し、バス通勤する人を増やしたいそうだ。

引用:City Lab

ビルゲイツの財団、悪臭問題に取り組む


途上国では、5歳未満の800,000人の子供が不衛生な環境のため、下痢や肺炎など亡くなっている。

1年間に数百万もの新しいトイレが毎年新設されているが、悪臭のためトイレを使用せず、
結局外で用を足すをため、衛生環境が改善されないところが多数ある。

トイレの悪臭問題を解決するため、
ビルゲイツ夫妻が運営する基金と香料会社のフィルメニッヒが
鼻にある悪臭を捉えるレセプターをブロックするフレグランスを開発した。

人の鼻には350もの匂い捉えるレセプターがあり、その中の一部が不快な臭いに反応する。
フィルメニッヒの研究者は悪臭を捉える一部のレセプターが感知しないよう、
ブロックするフレグランスを開発した。

開発チームはインドとアフリカでスプレーやパウダーなど、効率的に運用していく
手段と方法を試験している。

引用元: Dailymail

Prolitec社、家庭用芳香市場に参入

aera

9月15日よりProlitec社(本社:シアトル)が家庭向けのフレグランスディフューザー、「AERA」を発売した。
今のところ、日本での発売は未定である。

AERAは約56坪の広さまで対応しており、25mlのフレグランスカートリッジが1400時間持続する。

本体はIotに対応しており、スマホの専用アプリをダウンロードし、
タイマー設定や香りの強さ調節ができるようになっている。

コンシューマーマーケティング部門のVPサンドラ氏によると、
家庭用芳香市場において、本当の意味で芳香技術のイノベーションが50年程見られなかったが、
AERAは50年来のイノベーションであると、述べている。

商品についての動画

引用元:Gear brain.com

 

NFLのスタジアムで香りの演出

stadium

先週からレギュラーシーズンが始まったNFLだが、
主にエントランス周辺の空調ダクトから香りを漂わせているスタジアムがある。

ロスのRamsでは綿あめの香り、ニューヨークのBrookryn Netsではシトラス系のオリジナルの香りなど、
スタジアムに対するポジティブな印象付けのツールとして導入しているそうだ。

投資に対する売上増加の貢献度の測定が難しいが、
売店での売上が伸びたスタジアムもあるそうだ。

引用元: Dmagazine.com

鶏の匂いで蚊を撃退

chicken

マラリアやジカ熱など蚊を媒介とする病気の蔓延を防ぐため、
蚊を追い払う匂いについて
スウェーデン大学農業科学部のリカード教授が研究に取り組んでいる。

サハラ砂漠の郊外で1172匹の蚊を採取し、蚊が吸い取った血液を調べたところ、
鶏以外の周辺に生息するすべての動物の血液を見つけた。

比較検証するため、家畜として飼われているヤギ、羊、牛、鶏の毛や羽から匂いを採取した。
4種類の家畜の匂いを4つの部屋で噴射し、同じ数の蚊を放ったところ、
鶏の匂いがある部屋では、他と比べて蚊の数が95%も少なくなっていた。

調査結果に関する詳細は7月21日発行のマラリアジャーナルで紹介されている。

引用元 : Medical Daily