香りからイメージされる色が空間の色と一致していると

全体的な雰囲気に一貫性が生まれます。

例えば、「ピンク」が基調の空間に「ブラウン」や「ダークブラウン」を

イメージするようなコーヒーの香りだとミスマッチが起きてしまいます。

 

年代、性別によって好まれる香りが異なります。

幅広い年齢層のお客様がいらっしゃる場合、どの年代のお客様に

もっとも響かせたいかという絞り込みが場合によっては効果的です。

例えば、ウッディーな香りだと「ダンディー」、フルーティーな香りだと

「キュート」など、香りから感じ取れる印象があります。

癒し、高級感、エレガントなど、どのような印象をお客様に

与えたいかという軸が重要です。

上記の内容をお伺いした上でご提案致しますので、お気軽にご相談下さいませ。

CAORI MAISON

TEL 03-6721-1475

   平日 9:00〜18:00

Contact

適切な香りの選定

香りと空間の雰囲気が合っていると、ビジュアルから

得られる情報と香りがセットで記憶に残り、

一貫性のあるメッセージを伝えることができます。

香り選びのポイントは主に以下の3つです。

01 空間の色

02 顧客ターゲット

03 与えたい印象

会社概要

スピンディフューザー

Copyright © CAORI MAISON All Rights Reserved.

適切な香りの選定

香りと空間の雰囲気が合っていると、

一貫性のあるメッセージを伝えることができます。

香り選びのポイントは以下の3つです。

香りからイメージされる色が空間の色と一致していると

全体的な雰囲気に一貫性が生まれます。

例えば、「ピンク」が基調の空間に「ブラウン」や「ダークブラウン」を

イメージするようなコーヒーの香りだとミスマッチが起きてしまいます。

 

年代、性別によって好まれる香りが異なります。

幅広い年齢層のお客様がいらっしゃる場合、どの年代のお客様に

もっとも響かせたいかという絞り込みが場合によっては効果的です。

例えば、ウッディーな香りだと「ダンディー」、フルーティーな香りだと

「キュート」など、香りから感じ取れる印象があります。

癒し、高級感、エレガントなど、どのような印象をお客様に

与えたいかという軸が重要です。

 

Copyright © CAORI MAISON All Rights Reserved.